59. 粗忽の殿様

Careless Load

Rakugo in English

English Rakugo Short Stories

by Kanariya Eiraku

450-20140323151856193189_edited.jpg

Japanese translation

殿様が家来の三太夫と話をしている。

三太夫: お殿様、書状でございます。
殿様:    何と書いてある。
三太夫: 残念でございますが、殿の姉上様がご死去あそばされたと。
殿様:    何と。姉上が亡くなったと。可哀そうな奴じゃ。
             して、ご死去はいつ何時であった?
三太夫: 失念いたしましたので、今一度書状を拝見したします。(書状を読む)
             あっ、先週亡くなられたのは、殿の姉上様でなく、
              わたくしめの姉でござりました。
殿様:     何!そのような取り違えをしでかす奴があるか。切腹いたせ。

三太夫は、殿の言葉に従うしかありません。
自分の刀で自害しようとしたちょうどその時。

殿様:        三太夫、切腹にはおよばん。考えてみたら、余に姉はなかった。

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

The lord is talking with his man, Sandayu.

S:   Lord, here’s a letter for you.
L:   What does it say?
S:   I’m very sorry but your sister died.
L:   What! Did she die? Oh, I feel sorry for her. When did she die?
S:   I don’t remember. Let me read the letter again. (He reads the                letter.)
      Oh, it’s not your sister but it’s my sister who died last week.
L:   What! How can you make such a terrible mistake? You must

      commit suicide.

Sandayu had no other choice but to follow his master’s order.
Just when he was trying to cut his belly with his sword, the lord stopped him.

L:   Sandayu, you don’t have to kill yourself. Come to think of it, I don’t        have any sister!

450-20140323151856193189_edited.jpg

point

落語「松曳き」の触りです。
落語に出てくる殿さまは大体がのんびりしていて、
粗忽で、間が抜けています。その最たる例がこの噺や、
「目黒のさんま」です。

His manで殿の家来。家来はvassalが近いですが、
ここでは簡単な言葉を用いています。

It’s not your sister but it’s my sister who died last week.は、
It~whoの強調構文です。