8. 葛根湯医者

Kakkonto Doctor

Rakugo in English

English Rakugo Short Stories

by Kanariya Eiraku

450-20140323151856193189_edited.jpg

Japanese translation

医者が患者と話しています。

D:   お待たせしてすみません。貴方が最初の患者さんですか?
    どうされました?
P:   頭が痛くて。
D:   頭痛ですね。漢方薬を差し上げましょう。
    この葛根湯を日に3回飲んでください。
P:   ありがとうございます。
D:   次の方、どうされました?
P:   おなかが痛くて。
D:   腹痛ですね。この葛根湯を日に3回飲んでください。
P:   ありがとうございます。
D:   次の方、どうされました?
P:   腰が痛くて。
D:   腰痛ですね。葛根湯を飲んでください。次の方、どうされました?
M:   私はどこも悪くないんです。
     兄が腰が痛いというので、私はついてきただけです。
D:   そうですか。それは退屈でしょう。葛根湯をお飲みください。

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

A doctor is talking with patients.

D:  Sorry to have kept you waiting. Are you the first patient?
    What’s wrong with you?
P:     I have a pain in my head.
D:      That’s a headache. I’ll give you some Chinese medicine.
      Take this Kakkonto three times a day.
P:     Thank you.

D:    Who’s next?
P:   I have a pain in my stomach.
D:      That’s a stomachache. Take this Kakkonto three times a day.
P:    Thank you.

D:    Next. What’s wrong with you?
P:   I have a pain in my back.
D:    That’s a backache. Take Kakkonto. Who’s next?
M:    There’s nothing wrong with me.
      My brother said he has a pain in his back, so I accompanied him.
D:    I see. I’m sure you are bored. Take Kakkonto.

450-20140323151856193189_edited.jpg

point

「葛根湯医者」と呼ばれる小噺です。
落語には医者が出てくる小噺がいくつかあり、その中の代表的なものです。

headache, stomachache, backache, heartache, toothacheなど、acheで終わる英語の病名を覚えておきましょう。


acheには、「痛み」という名詞と、「痛む」という動詞があり、動詞で使う場合は、たとえばMy back aches.と、痛む部分を主語に持ってきます。