80. ノックノック・ジョーク

Knock-knock Jokes

Rakugo in English

English Rakugo Short Stories

by Kanariya Eiraku

450-20140323151856193189_edited.jpg

Japanese translation

トントン。
A:  どなたですか?
B:  アームピット(私はピット)です。

トントン。
A: どなたですか?
B: ドリスです。
A: ドリス何さん?
B: ドリスロックト(ドアに鍵がかかっています)。

トントン。
A: どなたですか?
B: マイキーです。
A: マイキー何さん?
B: マイキー(私の鍵)はドアに合っていません。

450-20140323151856193189_edited.jpg

Script

Knock, knock.
A:   Yes, who’s there?
B:   Armpit. (I’m Pit.)

Knock, knock.
A:   Yes, who’s there?
B:   Doris.
A:   Doris who?
B:   Dori’s locked.(Door is locked.)

Knock, knock.
A:   Who’s there?
B:   Mikey.
A:   Mikey who?
B:   My key won’t fit into the door.

450-20140323151856193189_edited.jpg

point

My key won’t fit into this door.   (私の鍵はドアにあっていません)
fit intoで「合う」という意味です。

ノック・ノックジョークと言われる定型ジョークです。
ドアをまず二回叩き、どなたと応じます。その後名前が続き、言葉遊びをします。
通常、「ノック・ノック」と言葉で言うのですが、落語ですから、その部分は扇子でドアを叩く仕草にしてみました。子供がよくやるジョークで、こういう言葉遊びを通して、子供たちは言語能力を高めていきます。日本でも、コーディネートはこうでねえと、なんて言いながら子供たちが言語能力を高めていくのと同じです。
YoutubeでKnock, knock jokesとキーワードを打ち込むと、Knock, knock jokesに関する色んな動画が見られるので、試してみてください。